ppg-t8_speed

機能概要

PPG-T8シリーズは、高い信頼性と安全性に基づいて作られた工業用直流電源です。 本機はパワーアンプ方式を採用している為、低いリップルノイズ・高安定動作または高速動作が可能です。 また、CPU制御により、操作性の向上及び多機能化が図られています。
研究室の試験設備用電源および生産、検査ラインの試験用電源として使用することができます。また、生産・検査ラインの自動システムへ組み込むことにより、幅広いアプリケーションに適用することができます。

前面パネル

①電圧計 +B端子の実出力電圧値を表示するメーターです。
②電流計 +B端子の実出力電流値を表示するメーターです。
③+Bスイッチ 「+B出力端子」の出力をON/OFF操作します。
④ACCスイッチ 「ACC出力端子」の出力をON/OFF操作します。
⑤動作Ind. 「+B出力端子」「ACC出力端子」の出力出力状態を表示します。。
ppg-t8
⑥電子負荷Ind. 電子負荷装置の作動状態を表示します。
⑦動作Ind. +B,ACCをシーケンス制御動作時、STEP毎に点滅します。
⑧高温Ind. 内部高温状態になった場合、電源供給中止状態を表示します。
⑨+B出力端子
⑩ACC出力端子
⑪音声入力端子 音声のサンプリングが可能です。
⑫Trigger出力Ind. Trigger出力(背面のTO端子)状態を表示します。
⑬USB Ind. USBの接続状態を表示します。
⑭電源スイッチ 本体の電源ON/OFF切り替えスイッチです。

背面パネル

①ACC入力 AC電源入力端子です。
②ACスイッチ AC電源のON/OFF切り替えスイッチです。
③Trigger出力端子 本体からトリガーを出力する端子です。
④Trigger入力端子 +Bのシーケンス制御専用トリガー入力端子です。
⑤Trigger入力端子 ACCのシーケンス制御専用トリガー入力端子です。
ppg-t8
⑥USBコネクタ USBケーブル接続用コネクタです。
⑦GPIBコネクタ GPIBケーブル接続用コネクタ(※未対応)
⑧GPIBアドレス 装置アドレスの切り替えが可能です。アドレス範囲(1~15)(※未対応)

シーケンス機能とは

 あらかじめ設定した出力電圧の変化パターン(シーケンスパターン)を自動実行する機能です。出力電圧の設定値と実行タイミングをUSBインターフェース(PC)から入力してパターンを作成し実行します。

 右図のように、基本となる各STEPパターンの電圧値、出力時間を設定して、シーケンスパターンを作成し実行します。

 また、トリガ入力(背面TAI,TBI)を持つシーケンスを組むことでその他実験設備と足並みを揃わせる使い方もできます。



ppg-t8

波形生成

ppg-t8

 電源(バッテリ)電圧が段階的上昇と滑らかに減っていく場面をシミュレーションできます。

 車エンジン始動時、セルモータ回すことでバッテリ電圧に楕円形ノイズが乗る場面をシミュレーションします。

(図は波形出力結果をわかりやすく表現する為です)

ppg-t8
ppg-t8

 厳密な試験シーケンスを作成する前に、被試験物の動作確認を素早く行う場合、マウスで任意波形を作成することも可能です。

製品仕様



ppg-t8_spec1

 



ppg-t8_spec2

システムマップ

ppg-t8_map

製品寸法

ppg-t8_size

販売代理

オープン価格

代理店販売情報
宝永電気株式会社
株式会社エヌエス研究所通販